グルメ

オイルサーディンを使った絶品バーニャカウダソースの作り方!

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
今日はバーニャカウダソースを作る!

にゃんにゃんにお買い物リストとして、アンチョビを買ってきてって頼んでみた。

にゃんにゃん
にゃんにゃん
任せて!

アンチョビじゃなくてオイルサーディン?

そしていざ作る時アンチョビの缶詰の蓋を開けたら、

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
あれ?なんか違くない?

とちょっとつまみ食いをしてみた。

そしたらこのままでも美味しいんだけど(笑)

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
ちょっとにゃんにゃん。これってアンチョビじゃなくってオイルサーディンなんだけど…
にゃんにゃん
にゃんにゃん
えっ?…にゃもーん

実はオイルサーディンとアンチョビって似てるようで別物なんです。

アンチョビはイワシを塩漬けにして発酵させたものですが、オイルサーディンは塩漬けにはせずそのまま油漬にしたものです。

しかもカタクチイワシというもので普通のイワシとはちょっと違った種類のイワシを使っているんです。

オイルサーディンを使ったバーニャカウダソースの作り方

でも塩を足せばアンチョビ的に使うことができるんじゃない?と考えてアンチョビじゃなかったけどそのままクッキングをスタートしました。

まずはニンニクを準備します。

アルミホイルの上に皮のついたままのにんにくを乗せて8分間ほどオーブントースターで焼きます。

その間にオイルサーディンを刻みます。刻んだら鍋へ。

そして焼きあがったら中身がホクホクになってるので火傷しないように気をつけながら皮をむきます。

皮を剥いたニンニクは包丁の腹の部分で押しつぶしておきましょう。

鍋に刻んだオイルサーディンとにんにくを入れます。

ここにオリーブオイルとあらびきコショウを追加します。

塩味はアンチョビを使っているなら別に追加しなくてもしっかり塩味が付いているので要らないと思います。

逆にオイルサーディンを使っている場合塩味が足りないので、自分の好みで追加してください。

材料をすべて入れたら弱火でグツグツするまで回しながら火を通します。その時にんにくが細かくなるようにスプーンなどでつぶしながらあたためます。

バーニャカウダソースができた!

にゃんにゃん
にゃんにゃん
ちょーうまーっ!

バーニャカウダソースに合う野菜はこちら

ビーツとチコリはバーニャカウダにおすすめの野菜!自家製バーニャカウダソースには、どんな野菜がいいんだろう? ってわけで、変わった野菜にチャレンジしてみました! オイルサーデ...

バーニャカウダソースを使った料理はこちら

バーニャカウダソースを使ったアレンジレシピ!バーニャカウダソースを作りすぎたとか、余ってしまったとき、どうしよう? というときのメニューです! 定番!アンチョビパスタ パ...