健康

いつまでもあると思うな 女性ホルモン!

女性のピーク ~1番輝いている時~

にゃもやなぎは「今」って言いたいんだけど(笑)

いくつになっても輝いていたいのが本音。

医学的には女性ホルモンのピークは20代まで。

その後は30代で減り始めて、40代後半にがくっと減って、そのままにしておくと自律神経の乱れや免疫力の低下につながります。

この三つのバランスが崩れると、更年期が始まってしまいます。

近年早期閉経が増えていますが、「生理がなくなって楽!」と思うのは間違っています。それはホルモンが出ていないんですよ。

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
これは老化です。老化!駄目だめ!

女性ホルモンなので減少を緩やかにする生活を目指すにゃもやなぎです。

女性がたくさん出ている20代にバランスが崩れるようなことをしていると、老化を早めます。

女性ホルモンは思っているよりデリケートです。NGな生活を改めましょう!

1 規則正しい生活

ホルモンバランスは自律神経のバランスに左右されます。

腹式呼吸をして整えましょう!

→ ヨガで使える腹式呼吸と胸式呼吸!

ヨガで使える腹式呼吸と胸式呼吸!私達が知っている呼吸は、腹式呼吸と胸式呼吸の2種類があります。 → LAVAでは話題のサーフフィットヨガを体験できます! h...

→ ホットヨガLAVAで教わったインナーマッスルを鍛える呼吸法!

ホットヨガLAVAで教わったインナーマッスルを鍛える呼吸法! 呼吸をしてインナーマッスルを鍛える 人は1日2万回無意識のうちに呼吸をしています。 その呼吸を意識的にすることによってインナ...

でも不規則な生活は一番駄目。夜型人間は注意が必要ですよ!

規則正しい生活をするためには、まず朝起きてご飯を食べること。

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
食べないと体温が上がらないよ。

夜ご飯が遅いせいで朝起きた時にお腹が空かないのはだめ。

お腹すいた~って起きることは健康の証拠です。

2 体を冷やさないこと

女性の冷え性は万病の元。体を温めることが大切です。

女性ホルモンは冷えると出なくなります。とても影響を受けやすいんです。

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
温かいものを食べたりお風呂に浸かったりして体を冷やさない生活をすること!

筋力不足でも体は冷えますよ。女性は男性より筋肉量が少ないので体の巡りが滞りやすいのです。

温活に必要なエクササイズ

まずは自分の体のチェックから。

  • つまずくようになった
  • 歩くより車や電車を使う
  • 立った状態で靴下やパンツが履けない
  • 階段が億劫だと感じる
  • 歩幅が狭い

これらに当てはまると要注意!

スクワット

足を肩幅に開く。

後ろにある椅子を想像して腰を後ろに引きながらその椅子に腰掛けるようにする。

理想はひざ90°のまま腰を引く。

腕も床と平行にして、背筋をまっすぐ伸ばす。

息を吐きながら10秒くらいキープする。

息を吸いながら気をつけの体制。

この行動を10回 ←膝を伸ばしきらないでやるともっと効果的。

注意点 膝が内側に入らないようにする。膝がつま先より出ないようにする。

腕をグリグリする

基本姿勢で立つ(内ももを閉めてつま先踵をくっつけてからは力を抜く)

腕をまっすぐ上に伸ばす

注意 腕が体より後ろになるようにする

腕を内側外側にくるくる回す30回

後は体を温める食事に心掛ける。

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
ぬくもりある女性を目指す

3 ストレス

女性ホルモンを出すには、脳の視床下部、下垂体、そして卵巣の働きが大きく関わります。

その中でもストレスに弱いのが視床下部。強いストレスがかかると様々な不調を起こします。

だからストレスをためないこと!

適度にストレスを発散する方法持っていることが大切です。

二十代や三十代の女性にもプチ更年期が増えてきています。

更年期特有ののぼせ症状やイライラなどが起きますが、本当の更年期とはメカニズムが違います。

プチ更年期

ストレスが原因。自律神経の乱れでホルモンの伝達がうまくいかなくて起こります。

更年期

視床下部が指令を出しても卵巣がそれに応えられない状態。40代未満で閉経してしまったら病院へ!早期閉経ですよ。

早期閉経だとしたら?

早期閉経だとしたらホルモン治療を受けてください。

30代で年に数回しか来ない生理不順なら病院に行って検査を受けましょう。

たとえ子供はいらないと思っても、ホルモンが減るってことは老化が早まります。

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、骨粗鬆症などのリスクが高まります。

生理がなくて楽だと思うんじゃなくて自分の体と向き合ってください。

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
少しでもおかしいと思ったら病院へ行って検査してください!

大きな病気が隠れているかもしれませんよ。

実際、にゃもやなぎは知り合いの女性に、怪しい症状が出てるときに病院に行くように強くすすめました。

そうしたら、本当にガンになっていたんです。

だから、絶対に早く行くべきです。

にゃもやなぎ
にゃもやなぎ
いつまでもあると思うな女性ホルモン 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です