グルメ

台湾茶を日本で買うなら天仁茗茶!中華街で買えるお茶の味の違い!

天仁茗茶は、台湾茶を買える台湾茶専門店。

台湾旅行に行ったとき飲んだ台湾茶がおいしくでダイエットにも効果があるので、追跡調査です!

あれから台湾茶にハマってしまった僕たちですが、なんとか日本でもお得においしな台湾茶が手に入らないかと探したところ、台湾でもお茶入れボトルを買った天仁茗茶が横浜中華街にあることが判明!

以来、いろんな味を試すために天仁茗茶に訪問しています。

調査をした結果を、このブログに残していきます!

天仁茗茶へのアクセス、HPはこちら

 

鉄観音

普通の烏龍茶ってかんじ。

わざわざ高い烏龍茶を買うことはないかなというのが僕の意見です。

プーアル茶

独特の味。濃いお茶の色してます。

味はかなり人を選ぶのですが、ダイエットに効果があると言われていて、たしかに実感があったのもこのプーアル茶。

ただ、ワインと同じく熟成期間で値段も変わってきます。

僕はお茶はおいしく飲んでいたいので、次に紹介する凍頂烏龍茶をよく飲んでます。

凍頂烏龍茶(蘭)

天仁茗茶の凍頂烏龍茶はランクが分かれています。おいしさが1~8まであって、8がいちばん高級品。

蘭は下から2つ目です。

見た目もちゃいろが強くなって、日本で飲む烏龍茶と味も似てきます。

これなら烏龍茶買ったほうが安くていいかも。わざわざ高い凍頂烏龍茶にすることないかな?

凍頂烏龍茶(梅)

ここから先は、「これぞ台湾茶だよねー」な味を味わえるランクになります。ランクは3。

初めて買ったのは梅級。

澄んだ薄黄緑色をしていて、お茶なのにほんのり甘い余韻を楽しめる不思議なお茶。

これに病みつきになる人は多くいるのでは。

凍頂烏龍茶(竹)

色味は梅とさほど変わらない印象。ランクはたしか5。

でも確実にうまい!

梅級でも十分おいしいのですが、ランクがちょっと違うだけでかなり味が変わります。この先の松はどうなるのか。。。楽しみでもあり財布的に不安でもあります(笑)

中身はこんなかんじ。

凍頂烏龍茶(松)

ランクはたしか7。

こちらはまだ飲んでいないので、飲んだらレポします!